コメント(comments.php) 【クレイ】日焼けかとおもいきや、日光アレルギー?! | Korognome-コロノーム-顔ツボDIEN CHAN&トウリーディング
クレイセラピー

【クレイ】日焼けかとおもいきや、日光アレルギー?!

ここ2年くらい、5月ぐらいから秋にかけて、

お日さまにあたると、手の甲から前腕が、痒くなります。

小さい湿疹がポツポツとでて、とても痒いです。

腕の湿疹が出たところは、白く色がぬけ、

湿疹が出ないところは、普通に日焼けして黒くなります。

そんな症状に出くわすようになり、

いろいろ試してみました。

日焼けケアといったらグリーンイライト

日焼けが度を越して、軽い火傷のようなものなのか?

と思って、

日焼け=炎症には、”グリーンイライト” だわ と、

湿疹がでた部分を グリーンイライトのパックをしてみました。

グリーンイライトでパックをしている間、

ちょっとチリチリすつような感覚があったけれども、

まぁ、効いてるのかな と思って、そのままに。

パックはひんやりとして、熱をもっている腕には、

とても心地よいものを与えてくれました。

 

グリーンイライトの副反応をホワイトカオリンで抑えてみる

が、パックを終えてみると、

何やら作用が強いのか? 赤くポツポツと 湿疹が元気になった感じになり、

炎症がすすみました。

痒みもあったので、うーんと思案して、

この炎症を抑えるには、とりあえず、

ホワイトカオリンをそのまま叩いてみました。

すると、炎症が治り、痒みに鎮静。

 

日焼けだけど、弱っている肌には、グリーンイライトは強すぎ。

弱っている肌には、グリーンイライトは強いのかも。

そもそも日焼けではないのではないかしら?

日焼けではなく、炎症だったら?? そう、日光アレルギーなら??

と思いを巡らせ、炎症の症状を抑えるって?

 

[ad#co-2]

 

炎症は”木”。”木”を抑えるなら、”金”だな。

炎症って、五行でいったら、”木”だ。

であれば、相克関係にある、”金”を投入すれば、

治るのでは?

で、さて、”金”のクレイは何?

 

クレイと五行

グリーンイライト= 木

レッドイライト= 火

イエローイライト = 土

ここまでは、何の疑いもなく分類してみたのだけれど、

金と水がどちらになるのか?とても悩ましく思っていました。

金は白

水は黒

と考えると、

金はホワイトカオリン。

水はモンモリオナイト。

でもなぁ〜、なんかしっくりこず。

金は、ミネラル。

ミネラルが豊富ということで、

金は、モンモリオナイト?

金は”美”を象徴。

モンモリオナイトといえば、美容のクレイ。

と、考えると、とりあえず、

金は、モンモリオナイトということで!

今回の日光アレルギーのような湿疹に、

モンモリオナイトで対応してみよう!

ということに。

 

 

モンモリオナイト 当たりかも。

モンモリオナイトはいささかパックとしては、塗りにくいという不便さはあったものの、

グリーンイライトのパック中におきた皮膚のチリチリ感もなく、

パック後、肌が赤くなったり、痒みがでることもなかった!

これは、当たりかも。

使用後はお肌もしっとりしていて、

落ち着いた感じがあります。

日光にできるだけ当たらない (手袋をするなど)努力とともに

しばらくの間、モンモリオナイトのパックで様子をみてみます。

 

クレイの五行分類についての追記

この日光アレルギーの時のクレイの選択について、

”木”の症状=炎症を抑えるために、相克関係にある”金”のクレイは?という発想から、

美容=美=金=モンモリオナイト という方程式を使用して、

皮膚の炎症にモンモリオナイトを使用しました。

 

しかし、私に起こっている日光アレルギーは、実は、年齢を重ねてから発症したものなんです。

”年齢を重ねた皮膚”によって、水分不足が生じ、バリア力の低下(外的なバリアは”金”に領域)から紫外線の刺激に反応して、炎症を起こした と解釈すると・・・

一時起こった炎症に、ホワイトカオリン(木の相克に関係にある金のクレイ)を使用。

で、その底上げにアンチエイジングのクレイ=モンモリオナイト(アンチエイジング=腎=水)を使ったと考えると、

いろいろすっきりしました。

 

子どもの皮膚の炎症には、ホワイトカオリンを使用してますしね。

 

[ad#co-3]

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます