コメント(comments.php) 【経穴&クリスタルインテグレーション】合谷がピリピリと痛む | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
鉱物・クリスタル

【経穴&クリスタルインテグレーション】合谷がピリピリと痛む

上手く巡っていない気がして・・・。

軽い気持ちで久々にセルフ・クリスタルインテグレーションをやったのが金曜日。

なんとなくスッキリしているし、自分が筒のように感じた。思考も言葉も。

やっぱりクリスタルインテグレーションは、私にはあっているなあと思っていた。

28日間に1回のメンテナンスで

普通、クリスタルインテグレーションをしたあとは、1ヶ月ぐらいクリスタルの効果が持続してくれると言われています。

なんですが、今日はお昼ご飯を食べたら、少し胃もたれがしてしまって、

ディエンチャンやる?  ういろうを飲んじゃう? と思考が湧いてきたけど、

あ、クリスタルインテグレーションがいいかもって、準備。

ゴールデンヒーラーと水晶ピラミッドを追加して

通常はクリスタルインテグレーションは12本の水晶のポイントを使うのだけど、

胃痛もあったので、水晶のピラミッドとゴールデンヒーラーを追加して施術。

12本の水晶を身体の周りに置いて、身体の周りに水晶の振動のドームを作る。

不調だった箇所の胃(みぞおち)あたりにピラミッドを置いたら、違和感があったので、

ゴールデンヒーラーを置いてみたら、それでも違和感があり、

胸腺のあたりがモヤモヤしてきたので、胸腺のあたりにゴールデンヒーラー、胃のあたりにピラミッドを置いたら、

「あれま、すっきり」。

お腹もキュルキュルと音が鳴り出して、動き始めた。

突然左の合谷がチリチリと痛いみだす

合谷といえば、手の人差し指と親指の間にある、有名なあのツボです。

クリスタルインテグレーションをして初めて体感した「チリチリピリピリ」とした痛み。

「何、どうしたんだ?」と思って、身体の周りに置いている12本の水晶のポイントの1本を、合谷の上に置いた。

すると一瞬でその痛みは消えた。

あまりの痛みの消え具合に、脳の処理が追いつかず、

痛みの残像がある気がするような感覚だった。

クリスタルを置いて一瞬で消える話は、クリスタルインテグレーションの先生である

麻美先生のブログに最近投稿されていました。

https://ameblo.jp/curisutal/entry-12551112432.html

合谷のメッセージとは?

合谷は、大腸経上にある経穴で、大腸経の原穴、四総穴の一つです。

これだけみても、結構重要なツボっぽいってことです。

で、合谷って一般的には、

風邪のひき始めに効果のあるツボ、言うなれば、風邪薬の葛根湯を飲むような症状の時の特攻穴。

葛根湯は、パワフルな漢方薬で、体質的にがっちりとして、風邪(ふうじゃ)=邪気を体内で戦わせることができるくらい体力のある人に処方される漢方薬で、肩こりなんかにも 効果があります。

葛根湯って、ぐあっと熱を出させたり、汗をかかせたりして、邪気を発散、滞った気を発散させて巡りを改善する効果があります。

つまり、合谷も発散させる。たまったものを外へ出す。そんな時に使うツボ

合谷のツボがある大腸経の臓腑である「大腸」も、下に向かって出す。のが仕事。

逆に肺は、呼吸を考えると、上向きに出していますよね。

いらぬ心配事、気滞。

そんなものが溜まっていたんだと思います。

思考も堂々巡りだったし。なんか、執着してたし。

それが、クリスタルインテグレーションの施術をすることで、動かされた。

出て行けよってこと。

不思議と予定もふるいセンサーが作動しているのか、

シンプルになったし、いるものは入ってくるし。

覚悟も決まったし(笑)

カラダは色んなところからメッセージくれています。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます