コメント(comments.php) 【DienChan】ディエンチャンのBQP292と向き合った | Korognome-コロノーム-顔ツボDIEN CHAN&トウリーディング
ディエンチャン

【DienChan】ディエンチャンのBQP292と向き合った

顔に痒みや湿疹、吹き出物なんかができると、

まずは、BQP(ディエンチャンのツボ番号)を調べます。

 

(出典:アップルアプリ Dien Chan BQC)

https://itunes.apple.com/jp/app/di%E1%BB%87n-ch%E1%BA%A9n-bqc/id1119072167?mt=8

 

このツボチャートをみて、どの番号に湿疹ができたかしら?

と眺めます。

 

右下腹部痛(チクチク痛)の痛みの解放からのBQP292に湿疹

朝、右の下腹、股関節から指2本分上がったところがチクチクと痛み、目覚める。

その痛みのあるところに手を当てて、しばらく待つ(レイキなんかもできるので・・・)

すると、痛みがやや落ち着いてきた。

いきなり顔が痒くなり、その場所を掻くと湿疹が。そこがBQP292のあたりだった。

 


La réflexologie faciale selon la méthode Dien Chan
顔の反射区でいうと、小腸と大腸の境目、回盲弁のあたり、

大腸の4隅の1つを担っている(上行結腸の始まりの隅)。

 

一体カラダからのメッセージは何かしら??と、

調べてみると・・・。

 

実は、BQP292はマイナーポイント。

英語版の書籍には載ってなかったので、

仕方なくフランス語版の書籍(最新刊)を開くと・・・。

載ってたー!!しかも結構詳しい。

 

BQP292のフランス語訳(ものすごーく拙いけど)

○膀胱経と関連するポイント。

○気を下げるポイントで頭を鎮静化してくれる。

○肺と胃の気を下に下げる。

(東洋医学的にいうと、正常であれば肺の気は下に下がり散布されますが、うまくいっていないと、

下に下がることができない。すると上が詰まる。胃も同様。ちなみに、胃の表裏関係にある脾は、通常上に上がる気です)

○頭痛を鎮静化する。

○目の不調を改善。

○抗炎症に働く

 

ほほーう。

 

一体何を訴え来てくれたのかBQP292よ!

 

出典はこちらの本(アマゾンへリンク)

 

 

経絡の流れでみると

痛みは皮膚の表面で感知されるので、表面を流れる経絡でみると、

胃経のライン。でも、内枝でみると、膀胱経。

 

どちらも292のポイント合致はしているので、

胃経と膀胱経に滞りがあるんだろうな。炎症を起こすほどの”実”の状態で。

 

右下腹部痛は西洋医学的な見解だと

○盲腸・回盲弁の炎症

○卵巣痛

疲労がある抵抗力が下がるし、盲腸あたりに炎症起こしていても不思議はないし。

 

ディエンチャンの顔の反射区チャートでとると、盲腸あたりかな?

 

とはいえ、痛みからは解放されて、湿疹がでたということは、

多少は滞りが流れたということ。

 

痛みが知覚できたということは、炎症があったことは間違いないので、

抗炎症として働いてくれたのかもしれない、BQP292。

 

ではどう対抗する?

とりあえず、膀胱経と胃経を流すべく、趾の刺激。

顔なら、膀胱の反射区と胃の反射区を陰陽ローラーでコロコロ。

そのあたりの生きたツボをさがすのもいいかも!

 

ちなみに、足裏の尿管の反射区が結構痛かったので、

膀胱経の内枝は尿管を通っているから、尿管あたりに何かがあったのかもしれないですね。

丁寧に足裏とお顔で対応してあげるのがいいな。

 

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます