コメント(comments.php) 【ディエンチャンとトウリーディング】側面の頭痛と薬指とBQP124 | Korognome-コロノーム-顔ツボDIEN CHAN&トウリーディング
ディエンチャン

【ディエンチャンとトウリーディング】側面の頭痛と薬指とBQP124

2018年7月に出会ったトウリーディング。

私は、知らない事は、今私が知っていることに当てはめて考えることをよくします。

この事象は初めてだけど、”この理論で考えるとこんな感じだね”という風に。

 

トウリーディング第4趾を世界を東洋医学とディエンチャンで考えてみたら

2018年に知ったトウリーディング。

ここで、足の薬指(第4趾)の話題になりました。

 

足の薬指は、誰かとの関係性の感情記憶が表される場所と言われています。

関係性の感情って??? となるかと思いますが、

私は、

感情って、人であれ、ものであれ、出来事であれ、何かの対象物をとらえたときに湧き上がるモノと考えています。

1点だけではスタートせず、何かと私から生み出されるものかなと。

 

で、感情は喜怒哀楽。あるけれど、喜びだったり、楽しかったりすると、足の薬指が”健やかに見える”のです。

喜びや楽しみは、英語でざっくり言うと”JOY”・”ENJOY”。

 

それを聞いた時に、

JOY=第4趾=胆経だわ。

第4趾=胆経

胆経⇒胆のう⇒ディエンチャンのツボ124番

胆のう⇒ディエンチャンのツボ124番

 

ディエンチャン124番のツボといえば、

楽しくなるツボのフォーミュラ!!

BQP124とBQP34を使います。

 

そして、ディエンチャンの創始者のチャウ先生が、

「楽しくないと、124番が痛いのだよ」

「今、このツボが痛いということは、僕の授業が楽しくないってことだね、ワっハッハァ(笑)」

と言ってました。

 

薬指と”楽しい”の方程式の中にある事象

第4趾は、BQP124番につながる。

その中で通る方程式は、

・第4趾

・胆経

・胆経の走行に沿って出る不調(股関節・卵巣・胆のう・肝臓・肩・眼・側頭部)

(出展:セラピューティックリフレクソロジーチャートセットより)

・胆経を司る”胆”

・”胆”のBQPのツボは、124番。

 

BQP124のツボは,calmative=鎮静効果 ともされています。

 

(出展:FACEASiT’clinic

 

 

もしかすると、鎮静が必要って、

カラダの中でわしゃわしゃしちゃってどうしようもないから、

落ち着かせる。ってこともかもしれない。

 

カラダの中でわしゃわしゃでいっぱい。

自分では”忘れた”と思っているものこそ、

なんだか分からないわしゃわしゃとして、

カラダの中に残っているのかもしれません。

 

だから、

そのわしゃわしゃを自分の中だけで抱えて、抑え込むのではなく、

一旦外に出してみることが必要なのかもしれないなぁって、

ふと思います。

 

 

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます