コメント(comments.php) 溶連菌感染症とディエンチャン(Dien Chan) 大人もかかります。 | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
ディエンチャン

溶連菌感染症とディエンチャン(Dien Chan) 大人もかかります。

子どもたちが溶連菌感染症とわかり、自宅で過ごしていると・・・

私の喉に異変が!

微熱、関節痛、扁桃腺の腫れ、のどの痛み。

 

溶連菌です。

 

3連休の真ん中で発症したため、

2日間はとにかく”休む”&”ディエンチャン”でやり過ごしました。

扁桃腺が腫れあがり、仰向けで寝ていると無呼吸になって目が覚めるを繰り返し、

猛烈な喉の痛みで、ツバの飲み込むのもやっと。

食欲もあまりなけれど、とりあず食べられそうなものを食べる。

(ショウガ入りのうどんがおいしかった~ 喉にショウガが通るたび痛みが一瞬やわらぐ感覚がよかったです)

 

ディエンチャンもやっとの思いで、

6リンパ反射、咽頭炎のツボフォーミュラ(By100図解)を1日3回行ない、

特に抗生物質のツボ(38番)と言われているツボを丹念に押しました。

 

溶連菌は薬を飲み始めて2日ぐらいで、効き始めるとのことだったのですが、

つらい2日間を体力の温存・回復とディエンチャンのツボでやり過ごした結果、

3日目の朝は、喉の痛みはピーク時から60%まで低減し、微熱も治まり、

子ども2人を再診のため病院に連れていくことが可能に。

 

再診ついでに私も検査したら、やはり”陽性”。

ただ、ピークを過ぎているとのことでした。

 

私が保菌しておくわけにはいかないので、”抗生物質”を1回飲むと、劇的に回復。

喉の痛みは20%程度まで低減。

それでも、抗生物質が処方された3日は自宅でおとなしくしている予定です(感染拡大予防のため)。

 

土日や夜間で病院に行くことができなくても、

とりあえずできることはやっておくは大切だぁと思った次第です。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます