コメント(comments.php) マヤ暦の流れに沿って、2年目に突入。 | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
日々のこと

マヤ暦の流れに沿って、2年目に突入。

明けましておめでとうございます。

2016年12月31日から2017年1月1日は、

マヤ暦でも”赤い蛇”の13日間から”白い鏡”の13日間に切り替わりました。

私が2015年12月20日 (KIN1)に初めて手にした現代版マヤカレンダー情報ダイアリーと

ともに2016年を過ごし、いろいろな発見、気づきがあり、

心のありかた、持ち方が大きくも小さくも変化したり戻ったりを繰り返し、

2016年を良い1年だったなぁと締めくくれました。

 

マヤ暦 あすわマヤ

マヤ暦と過ごしてみて感じたことは、

「銀河のリズムと宇宙の音波のようなものを意識して、

その波に乗る。そのことで、変化が起きた時・何やら環境圧力がかかった時に、

力が抜ける、おさまる、受け入れられるようになってきたかなぁ」と。

自己メンテナンスのための道しるべを手にしたような感じです。

 

陰陽の考え方でいけば、

人間は、周波数が低いから物体である。しかし、銀河のリズムは周波数が高いので見えはしない。

銀河のリズムは、人間と相対すると、見えずに自由に動ける”陽”、人間は、物体だから”陰”。

しかし、銀河のリズムと同調することで、私が得られた感覚は、”力が抜ける”、”おさまる”、”受け入れる”と、

陰の要素。

陽のエネルギーから得られた陰の要素。

それは、”陰”である人間が過ごしやすい状態を陽のエネルギーが教えてくれているということか?

それならば、陽は、銀河からやってくることだけに、任せて、努めて”陰”をキープすることを考えれば、

うまくいくのかもれません。

ほんとのところ、どうなんでしょうね。

 

とはいえ、捉えられる感覚やメッセージは人それぞれだから、

私にとっては、これが本当なんでしょうね。

 

まだ、まだ、1年の体感だけだから、

この1年で得られた感覚をブラッシュアップして、

2017年も銀河の波に乗って、カラダもココロもハッピーに、過ごし、過ごしてもらいたなと

思います。

————————————————————–
私が購入しているマヤダイアリーはこちら↓↓↓↓↓
アマゾンへリンクします。

現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2017

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます