育代の思考

東洋医学:のらりくらりと学び続けて12年【育代的思考】

なぜ、こんなに東洋医学に魅了されるのかわからず、

がっつり東洋医学漬け という日はおくることはないけれど、

講習を受けたり、書籍を読んだり、

お食事の献立をたてる時の参考に、

子どもたちが病気した時にどう対処すべきかの参考に、

自分を取り巻く環境の流れを考える時のフレームワークに、

東洋医学や東洋哲学に触れない日はないというぐらいに、

生活の中に溶け込んでいます。

 

ドラッグストア勤務中に、お薬や漢方を購入する方をみると、

思わずその方を顔を見て、望診をしてしまいます。

 

例えば、柴胡加竜骨牡蛎湯とドリエルを購入されている方。

不眠でお悩みは一目瞭然、。

肝の滞り? 顔の反射区はどう?

で、お顔の肝の反射区はキューと縮こまっておりました。肝の不調はありそう。

どちらかという肝の滞りというより、肝虚な感じ。虚すぎてオーバーワークな肝。

気を下に下げて、中に収める。そして、充足させて巡らせる。そんな感じでした。

足をみたりするとより詳しくわかるのですが・・・(笑) うっ、見たい、足。

 

気はヘロヘロになってしまうと、収まるところにおさまれなくなる性質があるので、

カラダは横たわって寝ようとしても、気が休めずに、カラダを徘徊して、動こうとするから

眠れない・・・。

また、”心”に不調があり(弱かったりする)、気をひぱってこれないとこの症状に陥って、眠れない・・・。

 

肝は脳に関係する臓だし、心は精神活動に関する臓だし。納得。

 

そんなことを考えながら日々過ごしてます。

 

 

 

 

 

 

 

【instagram】園部の本棚シリーズやセルフケアを紹介

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.