コメント(comments.php) 【トウリーディング】痛みの記憶は細胞は忘れていない。 | Korognome-コロノーム-顔ツボDIEN CHAN&トウリーディング
トウリーディング

【トウリーディング】痛みの記憶は細胞は忘れていない。

ここのところ、持っていた痛みを解放することが増えている。

幼い頃、痛みを当たり前のように仕方ないものと、

受け取り、流してきたつもりだった。

まぁ、痛みが永遠に続かないことを分かっていたのか、

「今がツライだけ、ここを耐えれば」と思っていた節がある。

怒られていても、「今が痛いだけ」と思っているから、

怒られている内容は全く頭に入らず、

痛みに耐えることに全力になっている。

つまり、成長しない(笑)

同じようなことで、だいたい怒られていた。

子ども頃だから、大概怒る相手は、母親で。

そこで染み付いたモノって、

無意識だと、自分の子どもにもやっているんだよね。

今だから、母親も前の世代から引きずっていて、

それにすら気付いていないのもわかる。

でも、当時に私はわかっていない。

つまり、我が長男&次男もわかるわけなく、

残るのは、痛みと不安定だったりする。

私は、この連鎖を私の代で断ち切ると決めているので、

無意識下に行動を認識した時、修正をするようにしている、

そして、子どもと対峙する時は、安心の場を作る努力をする。

染み付いたモノは、余裕がなくなると出てくる。

だから、私にとって、生活そのものに余裕が必要なのだ。

そのためには、自己メンテナンスがとてつもなく重要になってくる。

この自己メンテナンスのツールが、

トウリーディングだったり、

ディエンチャンだったり、

クレイだったり、

クリスタルだったりする。

そう過ごしていると、

40年以上、留めていたものが治癒の過程を辿る。

炎症がおき、発痛物質が作られ、痛みを感知する。

突如、足の薬指が痛み出す。

突如、足の親指痛み出す。

この10月は、足指が痛み出すことが多かった。

それは、治癒の証しだから。

連鎖を断ち切れている合図なんだろうね。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます