コメント(comments.php) ママもみ屋さん:腎虚の子どものトリートメント | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
ディエンチャンセラピー

ママもみ屋さん:腎虚の子どものトリートメント

花粉症の我が家の長男。

24時間頭がフル回転してるのか、ずーとしゃべっている。

頭を触っているとかなりのエネルギーを感じます。

(ちなみに次男くんはあんまり感じません(笑))

 

手・足は、冷たく、カラダの持てるエネルギーが、

全て頭にいっているのではと思うくらいです。

 

肌は乾燥肌で鳥肌のようにぽつぽつとしているアトピー性皮膚炎予備軍。

誕生日からみても、”水”が弱い。

というわけで、行動やら体質やらを見て行くと、”腎”の活性化が必要かなと。

 

”腎”活性化プログラムで”ママもみ屋さん”トリートメントを行なっております。

”腎”活性化のツボ:ディエンチャン 17番 300番のツボ

17番は、副腎のツボでもあるので、ステロイド的な意味合いを持ち、炎症・かゆみ止めにも。

ツボ押しには、ディエンチャンのツボ探し棒は怖がるので、

指だったり、ディエンチャン円盤棒(ジョセフィーヌ)をつかってマイルドに刺激。

 

耳の温め温灸。火を使うのは危ないので、黄帝灸を使ってます。

耳にダイレクトに黄帝灸をあてます。

 

それから、お腹周りのやさしい刺激、鎖骨付近のリンパの活性、側頭部のリンパブラシによる刺激、

背中の脊柱際(膀胱経のライン)の温灸、ふくらはぎの温灸を行なっています。

特に、ふくらはぎは腎経が通っているので、よく温灸してます。

ご本人様のご希望で、背中が気持ち良いとのことで、背中の温灸を繰り返し。

腎愈のツボを温灸で温め。

 

乾燥している肌がうっすら湿り気を帯びる程度に続けてます。

 

今までは、基本のトリートメントだけだったのですが、

花粉の時期と相まって、+で腎活性化プログラムを追加中です。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます