コメント(comments.php) 抗炎症のフォーミュラ【絨毛膜羊膜炎のセルフケア】 | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
ディエンチャン

抗炎症のフォーミュラ【絨毛膜羊膜炎のセルフケア】

次男を妊娠中、

切迫早産で入院していた時のお話です。

 

切迫早産5日目にして、初めてまともな説明を受けた。

納得できる部分もあり、
ややストレスは軽減。
張りもなければ、
子宮口も閉じ、
赤ちゃんも上がった。
ひとつのリスクは、
破水。
というのは、
炎症マーカーであるCRPが0.9と軽度に高い。
入院当初はもうちょっと低いかったらしいが、今日さらに高くなってしまった。
つまり、抗生剤の点滴がうまく作用してない。
まあ、抗生剤はある程度投与しないといけないとはいうけど、
CRPが高くなるひとつの所見として、
ストレス。
らしい。
この5日間ストレスを感じない日はないし、
意味を感じられない入院、治療方針やら、
お尻の見えない入院に常にイライラしてた。
そりゃ、増えるよね。
で、わかったこと。
ストレスケアがいかに大事か。
炎症マーカーが軽度に高いからといって、
抗生剤とか、辞めてほしい。
効果がないなら、辞めてほしい。
なので、
その結果を受けて、
ストレスケアANDリラックスの施術
抗炎症フォーミュラを試した。
抗炎症のフォーミュラ、
押すとこ、押すとこ痛かった。
3番(肺のツボ)、41番(胆のうのツボ)、5番、143番が特に痛かったー。
体から天然の抗生物質を出すフォーミュラより原因がわからないのだから、
抗炎症のフォーミュラの方がいいのかなと。
イライラを退治して、
炎症マーカーの値を下げて、
よいお産にはつなげるぞ。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます