コメント(comments.php) 腰痛とディエンチャン その3 | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
ディエンチャン

腰痛とディエンチャン その3

2週間前から患っていた腰痛。
結果から申し上げるとディエンチャンのみで解消したわけではありません。

背骨自体が曲がっていることに原因があるため、
接骨院に10日1度通っております。

ただ、先生には、週2回来て下さいといわれているのですが、
家でできるディエンチャンの施術をしているせいか、10日1度ペースでも
炎症の取れ具合が早く、痛みのない生活を送れています。

毎日行っているディエンチャンの施術は、
1 彗星棒の陽側で行う6リンパ
2 ロダンのチャートの背骨・腰の反射区の陽ローラーでコロコロ
3 おでこの背骨の反射区を陽ローラーでコロコロ

たまに
ロダンのチャートの腰の反射区をディエンチャンビューティーのブラシ側で、
円を書くようにマッサージ。

を行いました。

炎症があった時は、
消炎のフォーミュラ+腰対応のツボにサロンパスを貼付して眠りました。

どうしても痛みやコリがあると陰のローラーを使いがちでしたが、
”慢性”の腰痛は、陰の疾患であるという考えから、
陽ローラーで温める・めぐりを改善するということに徹してみました。

背骨を矯正するにも、まずは支えている筋肉を柔らかくしていかないといけないで、
治るまでは、陽ローラーコロコロは続けていきたいと思います。
毎日ケアすることで、通院の回数期間を減らしていければと思っています。

ただ、陽ローラーのやりすぎか、陽性の便秘になってしまいました。
今は、大腸の反射区はミニコームで大腸の反射区をカリカリして、
38のツボを銅ローラーでコロコロしてます。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます