コメント(comments.php) 【経絡】経絡とディエンチャンのツボ | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
ディエンチャンの症例

【経絡】経絡とディエンチャンのツボ

先日、お腹が痛くなった時のお話。

お腹が痛くなったら、薬を服用するという選択肢はありません。

(薬を販売している身分ではあるので、薬を服用するしないの判断基準はあります。

あくまで、私は、服用することを選ばないという意味です)

お腹のどの辺が痛い?

「お腹」と言っても、結構広い。

横隔膜のあたり、おへそのあたり、真ん中か、脇腹か・・・、右か左か。

お腹の痛い部分を特定します。

今回の私の場合、おへそのラインのより上の左側でした。

そして、さらに細かくみていくと、胃経ライン(下の写真の黄色のラインが胃経)でした。

黒丸のあたりが痛みがあったところ。

痛み方はどんな感じ?

場所が確定できたところで、痛みの種類がどんなものなのかを感じ取ってみた。

シクシク痛いのか?

張った感じがするのか?

ズキズキ痛いのか?

そこに痛みがあるということは、東洋医学的に見ると、気や血が滞っている状態。

つまり、実の状態な訳で・・・。

何かしらを動かし、移動させてみる必要があるということ。

さらに、痛みの種類から、気なのか、血なのかを捉えてみると、

今回の私は、まさに、張った感じのする気の痛みと捉えてみた。

ではどういう風に症状を改善させる?

張っている部分を押すもよし、レイキ(エネルギー)を当てるもよし、

クリスタルを置くもよし・・・。精油の香りを嗅ぐもよし。

自分の持てる技で、なんでもいいわけで。

私は、遠くから働きかけてみることを選んだ。

その理由はお腹を押してみたら、動く感じがしなかったから。

どこから働きかけた?というと・・・。

腹痛がある場所は、胃経のライン上だった。

気が集まりすぎている痛みだった。

その時、いた場所が、家ではなく、外出先であった。

この3点から、最も適切な場所を最も適切だと思われる方法で施術。

メガネの柄のの部分で、ディエンチャンの胃のツボを押す。

このBQP39のツボを手元にあったメガネの柄を使って刺激してみた。

これが劇的に、本当に、衝撃的に、痛かった。柄が触れただけで痛かった。

かなりの「実」の状態であったと思われたので、

グイグイ押す施術ではなく、トントントントンと軽く叩いて、気を散らす方法を取ってみたところ・・・。

お腹が緩む。張っていたお腹が緩んで、痛みが軽くなった。

その変化のスピードに脳が追いつけないのか、痛みの残像が残っている感じだった。

経絡を知ると解消法に幅が広がる

経絡って便利だなって思った次第。

今回痛い場所だったら、小腸・大腸に関するところで、何か考えるかもしれないけど、

経絡を知ることで、もうひとつ、別のアプローチを持ってこられる。

これが全てではないけれど、知っておくといい情報が満載なのが、経絡。

頭痛と目の奥がズーンと痛むだったら、

腎のツボとか膀胱のツボで解消ができるという方法も、

経絡の走行から来るもの。

こうやって、オタクな私は、経絡にハマり、ツボにハマる。

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます