コメント(comments.php) 腰痛とディエンチャン その2 | Lab.Korognome-コロノーム研究所-
ディエンチャン

腰痛とディエンチャン その2

肩コリや腕のしびれ、胃痛や頭痛、目の疲れ、急性の不調はすっきり改善したっていう感じまで、
施術ができるのだけれども、
どうにも腰痛だけがぱちっと改善しない、痛みがやわらぐけれど、すぐ戻ってしまうという日々が続いておりました。

あまりの激痛で接骨院に行ったら、
胸椎6番が左に曲がり、腰椎4番と5番がつぶれかかっている、椎間板ヘルニアの一歩手前の状態でした。
背骨と内臓の関係でいうと、胸椎6番は鼓脹、胃腸炎。
この二つの疾患は昔からよーく悩まされているもの。
あぁ、そうだったのね・・・。

背骨をまっすぐにして、骨盤のゆがみをなくすことが、
とりあえずの、私の腰痛改善の道だと考えることにしました。

その前に痛みがあるので、
温める補助フォーミュラ+腰に対応するツボ
消炎の補助フォーミュラ+腰に対応するツボにサロンパスを貼って寝ようと思います。

ディエンチャンで背骨のゆがみを取る方法はないだろうか??
と考えてみました。
背骨を支えているの筋肉への負荷が背骨をゆがめているわけなので、
まずは、その筋肉に対して、血流を改善し、コリをとるという段階があるだろうから、
脊柱起立筋が想定できる反射区、
ロダンのチャート(顎関節)、背骨のチャート(鼻筋・正中線上の眉間から生え際)を陽ローラーでコロコロ。
頭の体躯のチャート(督脈付近)を陰陽ハンマーの陽側で叩いてみようと思います。
カラダは4日でかわるというので、

4日後から
念工で背骨がまっすぐになるように念じてみようかと思います。

これで治りが早くなればいいなと。
まぁ、自分のカラダで実験してみます。

以前ボディーワークの授業を受けた時に、
私が「腰が痛い!」と言ったら、さりげなくフェイシャルリフレクソロジーのヤマモトメソッドをやってもらい、
腰がふわっと軽くなった経験があります。
なので、腰椎が対応するライン(耳上部のちょうど顔と耳の接点から頭頂に向かって上る)を指の第2関節でぐりぐりと押してみました。
これは、結構ラクになりました。

———————————————————————————–

消炎のフォーミュラ+腰のツボのサロンパス貼付の結果・・・

貼りながら寝た日と貼らないで寝た日の朝の痛みが違う!

一瞬、あっ治った?と思うほどの軽減ぶり。
実際には痛みはありましたが…
身の置きどころに困る痛みはなかったです。

で、次の日の夜は、貼らないで就寝。
やはり、目覚めても寝返りが打てなかったですね。

今日はキチンと貼って寝ます。

あと、6リンパと腰の反射区陽ローラーゴロゴロもしないとね。

 

 

【instagram】日々の出来事を写真で綴ってます