講座・施術・活動情報

頭痛編【ドラストコンシェルジュ養成講座】

ドラスト漢方 頭痛の漢方薬

ドラッグストアコンシェルジュ養成講座:漢方薬編の症例別講座の詳細をお伝えしています。

接客の症例「頭痛」について、

現代医学・東洋医学の頭痛のメカニズムから西洋薬・漢方薬のお薬の構造の座学から

接客シュミレーション、世の中にでている”頭痛”に関する商材を知るワークショップまで2ヶ月かけてきっちり行っていきます。

 

講座概要

受講回数 全4回

受講時間 90分×4回

開講日 2024年7月16日(火)・30日(火)

8月13日(火)・27日(火)

 

受講料 15,000円(税込)/単発申込み金額

7,000円(税込)/月謝制度

※お月謝制について、詳しくはこちら

 

講座内容

第1回 頭痛のしくみ

□現代医学の痛みのしくみと炎症

□中医学・漢方の視点の頭痛のしくみ

□現代医学の頭痛薬/ドラッグストア販売の頭痛薬の比較

 

第2回 頭痛の漢方薬・生薬

頭痛の時に使う漢方薬の方剤解説

□川芎茶調散(ドラスト販売なし)

□清上蠲痛湯

□葛根湯

□麻黄附子細辛湯

□荊芥連翹湯

□五苓散

□呉茱萸湯

□当帰芍薬散

□釣藤散

□竜胆瀉肝湯

□補中益気湯

など

 

頭痛の改善に関係する生薬

□呉茱萸

□羌活

□柴胡

□川芎

□菊花

□葛根

□柴胡

□白芷

□葛根

□附子

など

第3回 接客トレーニング

3つの症例を取り上げて提案する医薬品(西洋薬・漢方薬・医療用品など)を理由とともに選んでいきます。

お題は当日まで秘密です。

 

第4回 商材ワークショップ

頭痛を緩和・改善する医薬品や商材は一体どんなものがあるのか?

売り場にある医薬品を思い浮かべたり、インターネット検索をしたりしながら、

受講者さん皆でかぜに関する商材を探して当てていきます。

●頭痛の予防におすすめの商品を探し当てる

●頭痛の最盛期におすすめの商品を探し当てる

ドラッグストアコンシェルジュ養成講座

ドラッグストアの店頭では、短い接客の中で、お客様の不調の状態を把握し、ベストな提案(医薬品・健康食品の販売から時には販売をお断りし受診勧奨)をできる登録販売者が求められています。お客様にとっては、ドラッグストアは一番最初の「窓口」であります。

この養成講座では、コンシェルジュ的な立場を求められる登録販売者に必要な知識(病態や商材)とワークショップを通してその「考え方」を習得します。私達は、お客様自身が「自らベストな選択」をできるようお手伝いする登録販売者像を目指しています。

お客様の健康を応援するファシリテーターとして必要な知識や考え方を身につけていきませんか?

詳細&お申し込み

【instagram】園部の本棚シリーズやセルフケアを紹介

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。